大麻、麻、マリファナの違いの説明

2020-12-26

大麻の世界では、想像以上に1つの植物ファミリーの名前があります。大麻、麻、マリファナはすべて大麻科の植物の用語ですが、それらの間には違いがあります-いくつかの植物学、いくつかの文化。ここに基本の内訳があります:麻、大麻、そしてマリファナの違い。



 

麻とは何ですか?

麻は、科学的にカンナビスサティバLとして知られている特定の種類の大麻です。どちらも同じ家族(場合によっては種)の一部ですが、麻とマリファナは化学的性質と特徴が異なります。麻の植物には、マリファナがよく知られているテトラヒドロカンナビノール(THC)として知られている中毒植物カンナビノイドが低レベルで含まれています。しかし、それは高レベルの非中毒性植物カンナビノイドカンナビジオール(CBD)を含んでいます。

In the U.S., the level of THC is a legal defining line between hemp and marijuana. Hemp is generally defined as Cannabis sativa L. plants which contain 0.3% THC or less. Plants exceeding the 0.3% THC limit are considered marijuana and remain illegal federally under the U.S. Controlled Substances Act (CSA).

麻は、世界で最も用途の広い植物の1つです。たとえば、麻の茎は、繊維の製造やバイオ燃料の開発に使用できます。ヘンプの種子は食べられるか、ヘンプシードオイルを作るために使用されますが、花はCBDを抽出して、スキンセラピーボディバターなどのスキンケア製品や飲料注入などの食用製品など、さまざまな製品で使用できます。


 

What is cannabis?

The word Cannabis is a taxonomic term referring to a genus of flowering plants that are members of the family Cannabaceae, which includes about 170 plant species. The genus is often divided up into three species - Cannabis sativa, Cannabis indica, and Cannabis ruderalis.

The origins of the cannabis genus are not clearly understood, as a lack of significant fossil evidence made it difficult for botanists to place its evolutionary divergence from other organisms. Using a “molecular clock” and computer algorithms to estimate the age of the genus, researchers determined that cannabis likely diverged from a common ancestor with its most closely related genus - Humulus - about 27.8 million years ago.

分類学的な特徴に関係なく、見出しは、「大麻」は実際には麻植物とマリファナ植物の両方を含むより広い分類であるということです。結局のところ、それらのすべての違いのために、両方のタイプの植物は確かに大麻です。


 

What is marijuana?

Marijuana is the intoxicating cousin of hemp. Depending on the taxonomic methods you prefer, marijuana may well be comprised largely of Cannabis sativa plants as well. And while marijuana and hemp might share a species, they are legally and chemically distinct in a significant way.

マリファナの植物に見られる高レベルのTHCは、消費されると中毒を引き起こします。連邦政府は、マリファナは依然として違法です。 THCは、CSAに基づくスケジュールIの物質です。しかし、多くの州は現在、マリファナの禁止を拒否し、医療および/または成人用のマリファナを栽培および調剤するための積極的なプログラムを持っています。

マリファナはさまざまな方法で販売されています。最も一般的な製品の1つは、マリファナ植物の乾燥および硬化した花です。しかし、麻のように、マリファナは、それ自体で販売したり、食用、局所、および他の製品の成分として使用したりできる濃縮抽出物を作成するために抽出されることがよくあります。

麻とマリファナの違い

Today, “cannabis” and “marijuana'' are often used interchangeably in the industry, which can cause confusion. Because the word “cannabis” technically refers to the entire genus of flowering plants that includes both hemp and marijuana, it is not wholly accurate to exclude hemp when using the term. Historically, the word “marijuana” has been used to distinguish between cannabis that is hemp and cannabis that isn’t based on the percentage of THC each plant contains.

その区別は、ある意味では恣意的に見えるかもしれませんが、このしきい値を念頭に置いて新しい品種の大麻植物を育種することは十分に明確な基準になっています。より多くの化合物と一緒に多くのカンナビノイドを含む大麻植物がTHC含有量で割られるのは奇妙に思えるかもしれませんが、それは合法的な大麻および麻のCBD産業の標準となっています。したがって、麻とマリファナという用語は、法の非常に異なる側面にある同じ種に属する植物の品種を区別するのに役立ちます。